面接で好印象を与えるには

夫は学習塾の経営者兼塾講師で、夫婦で塾を共同経営しているのですが、私はたまに採用面接に立ち会うことがあります。
塾講師の募集に応募してくる人の多くが、ただ純粋に生徒に勉強を教えてあげる仕事がしたいという奉仕の気持ちを持って応募してくれる人たちなのですが、そういう志望動機を持ってくれるのは本当にありがたいですが、それだけでは他の志望者と差をつけることができません。

面接で好印象を与えるためには、暗い表情で受け答えをするのではなく、常に明るい表情で自分には一点の曇もない人材なのだということをアピールできれば印象がよくなります。
というのも塾講師は生徒に対して好印象を与え続けなければ評判が悪くなってしまうので、好印象を与えるということが非常に重要になってくるからです。
ですからアルバイトの募集や正社員の募集に応募される塾講師志望の方はとにかく面接室に入る前段階から明るい表情でいることを心がけましょう。

好印象を与える方法はこれ以外にもあり、自分のことを話すのではなく、面接官の言っていることをしっかりと最後まで聞くことです。
途中で話を遮ってしまったりすると印象が悪くなるので、面接の時には誠実に対応することを基本としましょう。
PAGETOP